包茎手術の表面麻酔と局部麻酔

基本は表面麻酔と局所麻酔

どんな手術を受けるときにも、どれだけ痛いのかっていうことは気になりますよね。包茎手術の場合、ほとんどの人が包皮にメスをいれることになります。
これで相当の痛みが伴うものなら、いくら包茎を気にしていても尻込みしてしまう人もいるかもしれません。そこで気になるのが麻酔です。
包茎手術ではどのような麻酔が使われているのでしょうか?

包茎手術で主に使われているのは“表面麻酔”と“局部麻酔”です

この麻酔は2つ合わせて用いられます。

表面麻酔はその名のとおり皮膚の表面に麻酔をかけるものであり
その方法には2種類あります。1つは冷却ガスやスプレーを使い一時的に
皮膚の感覚を麻痺させる「冷却法」という方法です。

もう一つが皮膚に浸透しやすい麻酔薬を塗るか、麻酔の成分を含んだシール貼って感覚をなくす方法です。
これらの方法だけでは痛みを抑えるには不十分なため、同時に「局部麻酔」が施されます。

この麻酔は手術する部分に麻酔薬を入れて感覚を麻痺させます。
神経の束がある周辺に注射を打つ「抹消神経ブロック」という方法が有名です。

この麻酔を使っても意識がなくなるわけではありません。


また、これらのほかに「静脈麻酔」という麻酔が使われることがあります。
麻酔のイメージとしてはこの方法が一般的だと思います。
点滴で睡眠導入薬や向精神薬を体内に入れ、眠らせる方法です。

この場合意識を失うことになるので、痛みに対して不安が強い人はにこの麻酔が使われます。また、効果が切れるまでに時間がかかるので帰宅時に自動車の運転はすることができません。


医師と相談し、痛みに対する不安を取り除いて万全な状態で手術に挑みましょう。

→ノーストクリニックはこちら

包茎治療クリニックの中でこちらのクリニックでは麻酔関係も良好かと思います。



包茎手術には駆け足で挑んではいけます。まずはかならず、慎重な病院選びから始めましょう。
とくに、専門的に治療を行っているクリニックをおススメします。
病院の泌尿器科や外科などでも包茎手術は行っていますが、それらは病気を治療するための手術であり見た目に関して考慮されたものではありません。

手術には様々な種類があり、傷跡の目立つものと目立たないものがあります。
術前に詳しい説明があると思いますが、よくよく確認することが大切です。
また現在の包茎呪術は失敗をすることは少ないとされていますが、全くないわけでは
ありません。もし失敗してしまった場合、残ってしまった傷跡と一生付き合っていかなければならないのです。

場所と日取りが決まったところで、次は準備です。
手術前日の夜から飲食を控えましょう。これは副作用で嘔吐した場合を考慮した措置です。また、包茎手術が夕方の場合は夜に飲食することは可能です。
当日は朝食を抜きます。手術が夕方以降の場合は軽くとり、その後の飲食を控えます。

手術室では専用の手術着に着替え、切開線を決めます。
その後麻酔がかけられ手術開始です。

包皮を切るにはレーザーメスや電気メスが使われ、余分な皮膚を切除します。
縫合には抜糸の必要がない溶けるタイプの吸収糸か抜糸の必要な糸を使い、最後ペニスに包帯を巻いて終了です。手術後すぐは出血する可能性があるので1〜2時間ほど病室で安静にしその日のうちに帰宅することが出来ます。

麻酔がきれた後痛むことはありますが、痛み止めが処方されるのでそれで十分に対処することが出来ます。
アフターケアについても医師の指示にしたがい怠らないようにしましょう。大体1か月で抜糸が終了し、完治したことになります。

FX 為替
seoリンク
中古 車 買取 査定
相互リンク集